ニキビを作らない方法

MENU

ニキビを作らないためには保湿と洗顔が最も重要

★ニキビを作らないなら洗顔と保湿

 

ニキビを作りたくない!と思っている人は多いと思いますが、ニキビ予防において大事なことは「洗顔」「保湿」の2点です。この2つをきちんと行っておくことで未然にニキビを防ぐことができますし、もしニキビができている場合でもこれ以上の悪化を防ぐことができるでしょう。

 

ニキビを作らないためにやっておくべき事

ニキビを作らない為には洗顔を必ずする事

ニキビを作らないためには“洗顔”が重要です、ニキビができないようなお肌の環境をつくっていかなければなりません。ニキビのもととなる菌や吹き出物が発生しないお肌は常に清潔さを保ち続けています。

 

睡眠時間にもお肌の細胞は新しいものに変わっているので起きたときのお肌には皮脂も残っているものです。

 

キレイにするためにも朝の洗顔は欠かせません。
できるだけ刺激物が入っていない無添加の洗顔でキレイにしていきましょう。

 

会社や学校にいき、帰ってきたときもお肌にはさまざまな汚れやホコリがついています。寝る前の洗顔も清潔に保つためには必要なことです。

 

1日朝と夜、2回は洗顔を必ず毎日おこなってください。

 

夏場は外に出るだけですぐ汗が出てくるため、こまめに清潔なタオルで汗をふくこともニキビ予防で大切なことです。

 

⇒ニキビを作らないためのニキビ洗顔料一覧

ニキビを作らない為にはお肌の保湿をする事

洗顔と同じくらいにニキビ予防ではかかせないことが“保湿”です。

 

なぜお肌にとって保湿がそんなに大事なのかというと、保湿をすることでさまざまな菌や汚れから守ってくれるバリア機能をつくることができるからです。

 

バリア機能が失われれば乾燥肌から敏感肌となり、ニキビの菌が繁殖しやすい環境になってしまいます。ニキビを作らないためにも乾燥肌のうちに改善していかなければなりません。

 

そこで大活躍してくれるのが“保湿”なのです。

 

洗顔をした後は必ず、保湿成分がたっぷり含まれている保湿クリームを顔全体に塗ってください。とくに寝る前には絶対塗ることをオススメします。

 

⇒ニキビを作らないための保湿クリーム一覧


皮膚科医に聞いた!ニキビを作らない方法とは?

皮膚科医に聞くと、ニキビを作らない生活はとてもシンプルです。

 

肌に悪い行動を取らないことが大原則で、本気でやろうと思えば今からでも誰にでも出来る内容なのです。どうしてそれが出来ないかと言えば、やはり私たちの「本気度」が足りないからと言えるでしょう。思春期や生理前のホルモン分泌など、どうしようもない原因はあるにしても、「本気で絶対にニキビは作らない!」と心に決めたのなら・・・

 

日常生活で出来ることはたくさんあるのです。

 

やってはいけない「イライラ」

やめようと思ってやめられない事かもしれませんが、イライラや精神的なストレス、怒ったり文句を言ったりといった攻撃的な気持ちを持たないことはニキビ予防には大変効果があるものです。

 

こうした気分は男性ホルモンの分泌にも影響して、結果的に皮脂の分泌量を増やしてしまいます。

 

ムシャクシャするような時にはスポーツで発散するとか、大好きな趣味をするなどして忘れてしまうようにしましょう。ただし、甘いモノやお菓子を大量に食べたり、偏った食事を山ほど食べたり、アルコールに依存する発散法は絶対にNGです。

 

やってはいけない「睡眠不足」

夜寝ている間に肌を修復するのが人体ですから、寝る時間が足りないと皮膚はどんどんボロボロになっていきます。夜更かししたり不規則な生活をしていると、ニキビだらけになってしまいます。

 

やってはいけない「顔に触る」

自分で自分の顔に触ってはいけないと聞くと、そんなの無理・・・と思うかもしれませんが、朝夕顔を洗ったり化粧をする以外は、よく考えてみるとあまり顔を触る理由はないと思いませんか?

 

ニキビを作りやすい人は、無意識に普段から顔に手指を触れるクセがあったりします。

 

汚れた手指で鼻を触ったり頬やアゴを触ったりすると、それが刺激になってニキビを作ってしまう場合が多いのですね。頬杖をつくクセもNGです。触っていいのは手指も顔も清潔な時だけですよ。

 


ちょっと意外なニキビの原因とは?

「もう絶対にニキビを作りたくない!」と強く思っているあなた。

 

毎日気をつけているのに、どうしてニキビが出来てしまうのか、腹立たしく感じているかもしれませんね。思春期に出来るニキビ、大人になってからもしつこく出来るニキビ、どうして出来てしまうのかをもう一度おさらいして、今度こそサヨナラしましょう。

 

そもそもニキビって何なの?

ニキビが出来る理由はその都度違いますが、肌に起こっているのは細菌感染です。
大元になっているのは悪名も高いアクネ桿菌(かんきん)。

 

アクネ桿菌は普通の肌にもいるものですが、主に皮脂が毛穴付近に詰まることで異常に繁殖し、周囲を炎症させてしまうことでニキビを起こします。ニキビの正式な名前は「尋常性座絆創瘡(じんじょうせいざそう)」というもので、れっきとした皮膚病です。

 

たかがニキビとは言っていられない、皮膚の病気と考えましょう。

 

ニキビの原因って何?

とにかく毛穴に皮脂が溜まることが基本的なトリガーです。

 

もちろん、思春期ニキビであれば、成長ホルモンが大量に作られる時期にいつも以上に皮脂の出る量が増えることが原因ですし、女性なら生理前に黄体ホルモンというホルモンの量が増えることで皮脂の分泌が多くなるのが原因の場合もあります。

 

成人してからはストレスで男性ホルモンが多くなり皮脂が過剰に分泌されたり、睡眠不足や空気の乾燥、便秘なども原因になりますし、脂っぽい食事ばかりを摂っていたり化学合成添加物がたくさん入っている加工品ばかりを食べていたりすることも原因になります。

 

女性はメイクの汚れが残っていたり、髪の毛が顔に触れるヘアスタイルになっていることが原因の場合もあります。頬杖をつくのが原因だったという人もいますから、「まさかこんなことで?」と思わないことが大切ですね。

 

実は洗い過ぎはニキビには禁物

最近良く言われるのが「ニキビ予防には顔の洗い過ぎは禁物」という言葉ですが、これもそのまま受け取ってしまうと間違ってしまいます。ニキビの原因は皮脂の詰まりですから、当然「じゃあ顔を洗うのをやめよう」などと思ったら大間違い。

 

適切な洗顔料で適切に洗うことが大事なのであって、洗顔が悪いわけではありませんよ!

 

 

⇒ニキビを作らないためのニキビ洗顔料一覧

 

⇒ニキビを作らないための保湿クリーム一覧

 


ニキビができにくくなるオススメクリームがコレ

価格

集中ケアコース:5,378円(税込)
通常購入:7,560円(税込)

★メルラインを使うとニキビが全然できなくなる!

 

MELLINE(メルライン)は恵比寿の美容専門クリニックでも取り扱っているニキビ予防クリーム。あご・フェイスライン以外にも顔全体・デコルテライン・お尻・二の腕なんかにも使えます。

 

10種類の保湿成分に加えてプラセンタやビタミンEまで配合。敏感肌の方でも使える無添加の日本製なので安心して使えるのもポイント

 

MELLINE(メルライン)の使い方

朝と夜の1日2回洗顔後に顔に塗るだけでOK

 

洗顔後に塗るだけだからとても簡単です。これだけで全然新しいニキビができなくなるので凄いです。ニキビが良くできる所には重点的に塗っておけばほぼできなくなります。オールインワンジェルとして顔全体と首回りに利用できますよ。