場所でわかるニキビ予防

MENU

場所でわかるニキビ予防

ニキビの出来た場所で、その原因がわかるかもしれません。

 

いつも出来る場所が一緒だというのは、大人ニキビにはよくあること。
もしかしたら自分が無意識に行っている行動が、そのニキビを作っている原因かもしれません。

 

口の周りに出来る人

美容皮膚科医によると、ズバリ「ストレス」が疑われるのが口の周りやフェイスラインに出来るニキビです。なぜかと言うと、ストレスで分泌されるアンドロゲンというホルモンが、このニキビを作りやすいからなのです。

 

アンドロゲンというのは男性ホルモンなのですが、もちろん女性にも微量ながらありますし、ストレスに対抗するために分泌される攻撃的なホルモンです。

 

口の周りやアゴと言えば、男性で考えれば一目瞭然、「ヒゲ」が生える場所ですよね。
そこへ流れるホルモンが増えていることを意味しているのです。

 

男性も女性もあまり攻撃的な気分にならないように、イライラするとろくなことはありませんね。

 

額に出来る人

大人になってから額にニキビが出来る人は、睡眠不足の人の可能性が高いと言います。
ちゃんと寝ているつもりでも、質の良い深い眠りが摂れていない可能性がありますね。

 

頬に出来る人

頬やこめかみ辺りにニキビが出来るのは、思春期ニキビが典型的な例です。
成人してからここに出来る人は、まだ成長ホルモンの影響が出ている人の可能性があります。

 

頬はもともとあまり皮脂の分泌量が多い場所ではないので、いわゆるストレスや睡眠不足などの大人ニキビではなく、ホルモンの影響の可能性があります。

 

もう一つは、女性でも男性でも髪の毛が頬やこめかみ辺りにいつもかかっているような場合にそれが刺激となってニキビになってしまう場合があります。

 

頬を隠したいかもしれませんが、ニキビにとっては刺激は大敵ですし、髪の毛は自分が思っている以上に汚れています。ニキビを本気で治したいなら、まとめ髪にするなど工夫が必要でしょう。

 

鼻の周りに出来る人

これはクセで日中鼻の周りを手指で触っている疑いがあります。
手指はいろいろなものを触るので、日中はかなり汚れています。

 

細菌のついた手で触らないように、意識的に注意したいですね。