ニキビを作らないためにできる事

MENU

ニキビを作らないためにできる事

ニキビができてしまわないように気をつけておきたいポイントはいくつかあります。
事前にポイントについて知っておくとニキビを未然に防ぐことができるかもしれません。

 

ニキビを作らないためにできることは何があるのか、チェックしていきたいと思います。
いつまでもキレイなお肌を維持し続けていきたい方は必見です。

 

食事に気をつけること

食事とニキビは意外と大きく関係しています。毎日コンビニ弁当やレトルト食品、ファストフードなど脂っこいものばかり食べていると皮脂の分泌量が多くなってしまいます。

 

食生活の乱れはニキビができやすい環境をつくってしまい、すぐに吹き出物が出てきてしまうので注意しておかなければなりません。栄養バランスを考えた食事が大切になってきます。

 

例えば、老廃物や毒素を排出してくれる働きのある食物繊維やお肌に必要であるビタミン類は野菜や果物、お魚などに豊富に含まれています。洋食中心の生活を送っていた人はこの機会に、和食中心へ変えていきましょう。

 

また、アルコールや糖分が多いもの、辛いものもニキビができやすい環境をつくってしまいます。

 

血液がドロドロになってしまい、お肌のターンオーバーの働きを低下させてしまうのでできるだけ摂らないように気をつけてください。

 

ストレスを抱え込まないこと

とくに大人ニキビの原因として最近多いのが、「ストレス」です。

 

仕事や学校などで無意識にストレスを感じてしまっている人が増えてきており、ストレスから自律神経が乱れてしまう傾向がみられます。

 

ストレスを感じるとより活性化するのが自律神経の交感神経です。

 

普段は交感神経とリラックス効果を高めてくれる副交感神経のバランスで成り立っているのですが、過剰にストレスを感じてしまうと交感神経の方にバランスが傾いてしまいます。

 

そうすると脳に男性ホルモンの分泌を促してしまい、いつも以上に皮脂の量が多く出てきてしまうのです。皮脂を増やすことのないように上手にストレスと向き合っていかなければなりません。

 

難しいかもしれませんが、自分がストレスを発散することのできることを見つけてください。

 

運動をする、ヨガをする、好きな番組をみる、音楽を聴く、友人とおしゃべりする、どのようなことでも構いません。上手にストレスを発散させることが1番です。