ニキビができてしまう原因

MENU

ニキビができてしまう原因

若い頃も大人になってからもニキビで悩む人はたくさんいることでしょう。
ニキビができるだけで憂鬱になりますし、自分に自信をもつことができません。

 

未然にニキビを防ぐためにもニキビ予防を行うまえに、ニキビができてしまう原因について知る必要があります。原因を把握しておくとできてしまったニキビでもすぐに治すことができます。

 

不規則な日常生活

主な原因として挙げられるものはすべて“日常生活”に関係しています。

 

睡眠不足、食生活の乱れ、昼夜逆転生活、ストレスなど日常生活が乱れてしまえばすぐにニキビが出てきてしまうものです。不規則な生活はお肌のターンオーバーを低下させ、お肌に必要な栄養素の吸収力も下がってしまいます。

 

とくに最近目立ってきているのが「ストレス」です。

 

ストレスを感じる人が増えてきていることもあり、大人ニキビで悩んでいる人の多くはストレスが原因となっています。ストレスと上手に向き合うこと、自分がリラックスできる空間を設けるるようにしていくことが大切です。

 

実家暮らしから一人暮らしに環境が変化した人や仕事が忙しくてなかなかまともな食事を摂ることができない人に限っては食生活が原因となっているようです。食事からはお肌のハリやツヤを維持することのできる成分が吸収できるので食生活の乱れは大きく関与してくるのです。

 

思春期ニキビは成長ホルモンが原因

大人ニキビの原因は主に日常生活の乱れですが、10代に出てくる思春期ニキビは成長ホルモンが原因となっています。大人になるためにホルモンバランスが乱れてくるため発生するニキビなのです。

 

思春期ニキビは成長の証とも言われています。
仕方のないことかもしれませんが、皮脂の分泌を抑制するためにも睡眠はかかせません。

 

思春期ニキビ専用の洗顔料を使うなど工夫は行っていかなければならないでしょう。思春期ニキビと大人ニキビの原因の違いもきちんと把握しておいた方がスムーズに治すことができます。