やっぱり保湿と洗顔が命!

MENU

やっぱり保湿と洗顔が命!

ニキビ予防や、出来かけたニキビの悪化防止に一番良い方法は、とにかく洗顔と保湿です。皮膚の汚れや皮脂、古い角質を取り除くのは大切なケアですが、その後には必ず十分な保湿が必要です。

 

洗うだけ洗って洗いざらしでは、何のために洗ったのかわからないような結果になってしまいますので、この二つは必ずセットにしておく必要があるのです。

 

皮脂は必要物

なぜ保湿が必要かと言うと、洗顔では必要な皮脂まで落とし過ぎてしまうことが多いからです。

 

これは優しい洗顔料であっても同じことで、保湿が必要ないほど素晴らしい効果を持った洗顔料は、ほぼ無いと思ったほうが良いでしょう。

 

皮脂は、ニキビの上ではかなり嫌われ者で、無くなってしまえばいいのにと思われるような存在ですが、肌を守る天然のヴェールと言われるほど大切な役目を持っています。

 

皮脂と汗とが一緒になって肌の表面を包んでくれるからこそ、私たちの肌はみずみずしく潤った状態になりますし、ウィルスや細菌、チリやホコリなどから守ることが出来ているのです。

 

皮脂が無くなったら肌にとっては一大事ですから、洗顔で落とし過ぎると余計に皮脂を分泌しようと躍起になってしまいます。過剰反応を防ぐためには、代わりとなる保湿クリームやジェルが欠かせないのです。

 

優しすぎる洗顔料

最近は洗顔料でも肌を守る機能にかなりチカラを入れたものが多くなっていて、弱酸性にしたり洗浄力を弱めにしたりした製品がたくさん販売されるようになっています。

 

これはとても良いことなのですが、反面、ニキビ肌の人にとっては今度は洗浄力が足りなすぎる場合があります。もしどうしても余分な皮脂が肌に残ってしまうようであれば、一度あえて多少アルカリ性が強い洗顔料に変えてみるのもひとつの手段です。

 

肌を守りたいのは確かですが、まずは古いゴミを一掃するのが先ですから、ちゃんと洗えていない場合には切り替えてみるのも良いでしょう。ただし、強すぎるのは問題ですし、洗った後には丁寧に保湿ケアをする必要があります。