ニキビに良い成分とは?

MENU

ニキビに良い成分とは?

ニキビ予防に効果的な成分はどのような成分になるのでしょうか。

 

毎日当たり前に食べているものから簡単に摂取することもできれば、サプリメントで効率的に吸収することもできます。ニキビを防ぐために、効果的な成分についてぜひ知っておいてください。

 

ビタミンC誘導体

お肌のハリとツヤ、ニキビ跡を改善してくれる働きももつビタミンC誘導体はニキビ予防に欠かせない成分となっています。ビタミンCとビタミンC誘導体は同じ成分だと思っている人が多いですが、この2つはまったく違うものです。

 

ビタミンCもニキビ予防に大事な成分でもあります。

 

しかし、ビタミンC誘導体はもっと皮膚の奥底にまで栄養を吸収させることができるのでオススメです。皮脂の分泌量も抑制する働きがあります。

 

大豆イソフラボン

イソフラボンは女性ホルモンに似たような働きをもっています。

 

ニキビの発生は皮脂の分泌量が多く、その皮脂が汚れとともに毛穴に詰まってしまうのが原因ともなっているのです。皮脂の分泌量を抑えてくれる女性ホルモンの働きはありがたく、大豆イソフラボンを積極的に摂取することでニキビを未然に防ぐことができます。

 

ニキビ予防だけでなく、美白効果も期待できる成分でもあるので美容化粧品にもよく使われています。食品からでも摂取できるものなのでオススメです。

 

イオウ

ニキビ専用化粧品によく含まれている成分はビタミンC誘導体や大豆イソフラボンだけではありません。「イオウ」もそのひとつです。

 

イオウにはニキビのもととなるアクネ菌を抑制することができ、殺菌効果を高めることができる成分です。病院でのニキビ治療薬としても処方されることが多く、効果は抜群と言えるでしょう。

 

ニキビができやすいという方はイオウが含まれている化粧品を使うと良いかもしれません。

 

菌を今以上に増やすこともありませんし、菌をすべて排除し、そこに保湿成分や有効成分を与えてあげるとより効果的です。ほかの成分を活用しながらお肌につけていくと良いでしょう。