ニキビを作らない〜食事

MENU

ニキビを作らない〜食事

ニキビを体内から予防するには、当然毎日の食事は考えなくてはいけません。

 

どんなに洗顔しても、保湿しても、食べているものがニキビ製造機になっていたのでは本末転倒です。どういう栄養素がニキビ予防に効果があって、肌をキレイにしてくれるのか、ちゃんと勉強しておきたいですね。

 

ビタミンは肌の味方

ビタミン類は本当に肌に良い栄養素です。ビタミンAは毛穴の詰まりを改善してくれるもので、ほうれん草やニンジン、カボチャなどの緑黄色野菜に多く含まれます。

 

うなぎやレバーにも豊富なのですが、あまり常食するような食材ではないでしょう。
ビタミンB2は、肌が固くなって角化するのを防いでくれます。

 

角化すると表面が分厚くなって皮脂が毛穴が詰まりやすくなるので、たまごや乳製品などを食べて解消しましょう。ビタミンCは抗酸化作用と皮脂のコントロールをしてくれます。

 

柑橘系のフルーツに多く、緑黄色野菜や芋にも多いですね。ビタミンEは高いアンチエイジング作用が注目されていて、カツオや緑黄色野菜などに多く含まれます。

 

ミネラルはビタミンを働かせる

ビタミンだけを摂るのでなく、ミネラルと合わせることで相乗効果が生まれます。

 

カルシウムやマグネシウム、亜鉛などは積極的に摂りましょう。
チーズなどの乳製品、キャベツ、穀物、昆布などの海藻、ナッツ類などに多く含まれます。

 

食物繊維は美肌の味方

特に便秘気味で肌の調子が悪い人にはニキビが出来やすくなります。

 

予防するにはまず腸内からキレイにしてくれる食物繊維を積極的に摂りましょう。最近では安く手に入りやすくなったきのこ類、海藻やマメ類、ごぼうなどの根菜やさつまいもなどが有効です。

 

食べてはいけない!ニキビの元

反対に、食べてはいけないものも知っておく必要があります。
てきめんにニキビが出来るのが、動物性脂肪や糖質です。

 

人によってはチョコレートを食べると出来やすいという人もいますが、最近ではチョコレートにもいろいろありますし、体質もあるので自分の傾向を知る必要があるでしょう。

 

コーヒーや紅茶はそのものにニキビの元はないのですが、カフェインがせっかく摂ったビタミンB群の吸収を阻害してしまいます。アルコールも糖度が高いので、ほどほどにする必要がありますね。