頭皮ニキビの予防方法

MENU

頭皮ニキビの予防方法

なんだか頭が痒い、ちゃんと洗っているのに・・・という人は、頭皮にニキビが出来ている可能性があります。または、触ると痛みが出るような化膿ニキビになってしまっている場合も。

 

頭皮には皮脂腺が多いので、実は顔よりもよほどニキビが出来やすい場所ではあります。頭皮ニキビを予防する方法、悪化させない方法について調べてみましょう。

 

ターンオーバーが乱れている

頭皮ニキビが出来てしまう原因は、肌のターンオーバーの乱れだと言われています。

 

頭皮は皮脂腺も多いですし、細胞が活発に新陳代謝する場所ではあるのですが、通常であれば古い角質はどんどん剥がれて毛穴がふさがってしまうようなことはありません。

 

古い角質が剥がれないから、どんどん毛穴の周りが分厚くなって、そこに皮脂がどんどん溜まってアクネ桿菌天国になってしまうからニキビになってしまうのです。ターンオーバーが乱れる原因は睡眠不足だったり不規則な生活だったりしますので、まずは自分の生活を見直しましょう。

 

知らない間に不潔になっている

毎日お風呂に入って髪の毛もちゃんと洗っているのに、不潔になっているはずはないと思っているかもしれませんが、帽子などをかぶっていませんか?

 

もしくは仕事場でヘルメットなどを被っていたり、なにか頭皮に触れるものを使ってはいないでしょうか。洗えるものはこまめに洗って、もちろん寝具やまくらカバー、クッションのカバーなどもこまめに洗っておかないと、頭皮を清潔に保つのはなかなか大変なことなのです。

 

頭皮の環境の悪さが顔に伝染して、顔までニキビ天国になってしまわないように食い止めましょう。

 

シャンプーに問題あり

シャンプーの洗浄力が強すぎるのも問題ですし、成分にも注意をしなければいけませんが、きちんと汚れが落とせないようでは「優しいシャンプー」とは言えません。

 

しっかり頭皮を清潔に出来るもの、そして皮脂を洗い過ぎて乾燥を招かないものを選ぶ必要があるので、シャンプー選びは実はかなり難しい作業なのです。

 

また、良いシャンプーでも自分の洗い方が悪いとまったく効果を発揮出来ません。爪をたてて洗うのはもちろんNGですが、髪の毛の表面をなんとなく流すだけでは頭皮はキレイになりませんよ!